• ホーム
  • ヒトプラセンタが成分の医薬品は効果あるの?正しい使い方や購入方法

ヒトプラセンタが成分の医薬品は効果あるの?正しい使い方や購入方法

ヒトプラセンタは人間の胎盤から必要な成分を抽出したものです。ヒト由来であることから、医療用医薬品として医師の処方箋を受けなければ投与することができません。また、汚染や感染症のリスクも否めないことから、投与後の管理が必要になります。特定生物由来製品として指定されているので、医師の処方以外の場所で使用することはリスクを負うものであると認識しましょう。

どのような効果があるのかといったところですが、ヒトプラセンタエキス製剤は2種類ありそれぞれに効能が異なります。ラエンネックという医薬品は、肝機能障害や肝臓病治療のためにしか使用することができません。メルスモンの場合は、更年期障害、乳汁分泌不全といった婦人科や産科分野での処方が中心となります。
自費診療となりますが、医師の診察の下でラエンネック・メルスモンともに美容クリニックでの処方をするところも見られます。こちらはアンチエイジング目的での処方となりますが、美容効果を目指す場合、先に疲労回復や更年期によるさまざまな不都合に作用することも多いため、効果が表れにくいことも考えられます。ただ、体の調子が改善されることで、肌具合がよくなった元気が出てきて活動的になったというように心身の回復からアンチエイジングにつながることもあるので、結果的には良い傾向といえるでしょう。

先にも触れましたが、ヒトプラセンタが成分となる医薬品を購入したいという場合、医師の処方箋が必要になります。管理が必要になるため市販もされていません。このため医師に相談をして適切な処方を受けることが正しい購入方法となります。
健康目的や疲労回復などの効果でプラセンタを利用したい場合は、動物由来のプラセンタサプリメントの使用をおすすめします。動物由来のプラセンタサプリメントにもアミノ酸がたくさん含まれているので、健康維持の効果は十分に得られます。馬由来や羊由来のプラセンタであればメジャーですので特におめです。

正しい使い方に関しては、注射による投与となります。1日1回もしくは2日1回を皮下注射にて投与することが決められています。美容外科などでも同様の方法で投与されます。薬価に関しても、2ml1アンプル200円程度と安価です。これに医療報酬などが上乗せされますので、この目安を覚えておくとよいでしょう。自費診療となる美容目的で注射を受けたいと考えている人も金銭面でネックに思うことは少なくなるはずです。