• ホーム
  • 肌トラブルに効くと噂のヘパリン類似物質の効果とは?

肌トラブルに効くと噂のヘパリン類似物質の効果とは?

スキンケアをしている女性

美容意識が高い人たちの間で、ヘパリン類似物質が肌トラブルによいという噂がまことしやかに流れています。この成分は皮膚の保湿剤や血行促進作用を持つ医薬品です。
アトピー性皮膚炎などの保湿役として皮膚科などで処方されます。ドラッグストアなどでもヘパリン類似物質が含まれた保湿ローションやクリーム類が販売されています。
また、軟膏やクリームといったさまざまな性状での医薬品展開があります。

肌に塗ることで肌のかさつきがなくなる、肌のかゆみなどがよくなるという効果があり、子供にとってはこのクリームを塗ることで、寝入りばなのかゆみが軽減されるというような効果や肌トラブルを避けることができるとされています。
このほかにも、血栓性静脈炎による肌のかゆみやしもやけなどの治療にも使われるため、万能的な肌クリームという見方もあります。

アトピー性皮膚炎などの治療の場合は、ヘパリン類似物質が配合された油性クリームのみを処方される場合や、ステロイド剤との併用でお薬の効果を引き出す働きをしています。
ターンオーバーの乱れによる肌のバリア機能を保つ働きもあり、肌のカサカサなどを徐々に治していきます。それと同時に肌トラブルの原因になりやすい花粉やハウスダストから肌を守る作用もあります。肌の保湿として使用するワセリンの使い心地が苦手という人は、こちらのへパリン類似物質配合のクリームを使用することがあるようです。

このところでは、この成分を配合した油性クリームが美容効果にも良いといううわさがあり、皮膚科で処方してもらう人も増えているようです。医薬品ですが、肌の代謝を促す、保湿効果を見出すといった疾病を治すものとは違うため、保湿クリーム感覚で処方を受ける人も見られます。
医療費がかさむといわれることもあり、ヘパリン類似物質を配合したクリームなどは健康保険適用対象外になる可能性もあるようです。
保湿効果が高いため、本当にアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患などに悩む人にとってこの話題は残念だという声もあります。

ドラッグストアで販売されている商品と皮膚科などで処方してもらえる医薬品を比べると、含まれているヘパリン類似物資の含有量は同等です。ローションタイプやクリームタイプなど様々な製品が販売されており、処方薬よりも自由な使い方ができるので、美容目的で使いたいという場合はドラッグストアで購入できる医薬品を購入してみることをおすすめします。