• ホーム
  • 脱毛が肌トラブルにつながることはあるの?肌を傷つけない脱毛の方法を解説

脱毛が肌トラブルにつながることはあるの?肌を傷つけない脱毛の方法を解説

メジャーな肌トラブルのひとつに脱毛で肌が傷ついたというケースも見られます。体毛は全般的にムダ毛とは言われますが、あらゆるダメージから体や内臓を守るために生えているということも覚えておきましょう。また、体毛には汗による体温調節を手助けする働きもあります。

ムダ毛をなくすための方法として、かみそりで剃る方法、除毛クリームなどで体毛を溶かす方法、光の波長で毛の成長を止める方法などがあります。光の波長を用いた方法は、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛と呼ばれるものがあげられます。
自宅のセルフケアで選択されるのは、かみそりや除毛クリームを用いた方法です。これらの方法は手軽にムダ毛ケアができるうえ、自宅でのバスタイムに済ませることができます。費用も安価でできることから、多くの人が選択する方法ですが肌トラブルのリスクを負いやすいデメリットがあります。
除毛クリームはアレルギーの不安がありますし、かみそりは安全なものを使用しても傷をつける可能性があります。
ムダ毛は毎日成長しますので、数日間に一度のセルフケアが予想されます。たんぱく質を溶かす薬剤や、かみそりを当てるだけでも肌に負担がかかることは容易に想像できるのではないでしょうか。

一方、光機器やレーザー機器を利用した脱毛を考えていきましょう。黒い色に反応して発熱させ、毛頭の成長を止めるメカニズムです。光を照射するだけですので肌を傷つけるリスクは限りなく少なく、無毛の期間も長く保てるメリットがあります。エステサロンやクリニックで行う場合、2~3か月に一度通うだけですので、脱毛による肌トラブルは避けられるはずです。ただし、強い光を当てるため光過敏症の症状ややけどなどのマイナートラブルが起こる可能性も含まれています。このことから100%肌トラブルは起こらないと言い切ることはできませんが、きれいな肌を保ったままムダ毛をなくすことができる方法の第一選択になることは間違いありません。

エステサロンやクリニックでは、教育を積んだエステティシャンや美容皮膚科の医師が施術を行います。専門的な知識を持っている人が肌の調子を見ながら光源の照射レベルを調整したり、レーザー機器を変更しながら脱毛に当たります。お手入れの前後には保湿ケアなども入念に行うサロンやクリニックがほとんどです。このような細やかな施術自体も肌トラブルを限りなくなくし、きれいな肌を作るためのプロセスになります。